Essential Phoneのポートレートなどカメラ/写真性能をチェック!

2017年夏、発売当初はカメラの酷評が目立ちました。

ただ毎回アップデートで改善を加える姿勢に安心感。

Essential社のスタンスも購入するきっかけのひとつになりました。

今回は実際のカメラ性能をチェック!

結論:充分な性能

ダブルレンズのポートレート機能最高!!

日常的に食べ物/風景/愛犬を撮影していました。

iPhone6S Plusの乗り換えですがEPはそれ以上です。

シングルカメラの人は乗り換えて損ありません。

フォトギャラリーに実際の写真を載せています。

カメラ性能

背面カメラ

  • 13メガピクセル デュアルRGB + Monoカメラ(イメージフュージョンテクノロジー搭載)
  • 13メガピクセル「True Monochrome」モード
  • f/1.85 レンズ
  • ハイブリッドオートフォーカス(コントラスト、フェーズ検出、赤外線レーザーアシストフォーカスを融合)
  • 動画撮影: 4K…30フレーム/秒
  • 1080p…60フレーム/秒
  • 720p…120フレーム/秒

ちなみにiPhone☓は・・・

  • 12メガピクセル広角カメラ
  • 12メガピクセル望遠カメラ
  • 広角:ƒ/1.8の開口部
  • 望遠:ƒ/2.4の開口部
  • 4Kビデオ撮影(24フレーム/秒、30フレーム/秒または60フレーム/秒)
  • 1080p HDビデオ撮影(30フレーム/秒または60フレーム/秒)
  • 720p HDビデオ撮影(30フレーム/秒

レンズのメガピクセルとf値“だけ”みると、そこまで大差はありません

動画も4Kで撮影できます。

前面カメラ

  • 8メガピクセル
  • f/2.2 過焦点固定レンズ
  • 動画撮影: 4K…30フレーム/秒、1080p…60フレーム/秒、720p…120フレーム/秒

ちなみにiPhone☓は・・・

  • 7メガピクセル
  • ƒ/2.2の開口部
  • 1080p HDビデオ撮影

レンズのメガピクセルはEPが1メガ高くf値は一緒で、そこまで大差はありません

グリッド等のオプション

静止画を撮影する場合

ポートレート、写真、モノクロの3種類に切り替え可能。

グリッドも3☓3、4☓4、黄金比と3種類に切り替え可能。

動画を撮影する場合

スローモーション、ビデオ、モノクロの3種類に切り替え可能。

グリッドも3☓3、4☓4、黄金比と3種類に切り替え可能。

静止画も動画も基本は一緒です。

動画にはスタビライズ機能(手ぶれ補正)が付いています。

これは意外と便利です。

裏技:右サイドの電源ボタンを素早く回押すとカメラが起動します

フォトギャラリー

ノーマル

※クリックすると拡大します

ポートレート

※クリックすると拡大します

ノーマル/ポートレート比較

<ノーマル>

<ポートレート>

全体像を撮る場合はポートレートよりノーマルモードが良さそうです。

<ノーマル>

<ポートレート>

食べ物も全体像を撮る場合はノーマル、1ポイントはポートレートが良さそうです。

<ポートレート強度:中>

<ポートレート強度:MAX>

個人的にはポートレート強度MAXがはっきりして好きです。

モノクロ

※クリックすると拡大します

普段まったく使っていないですが味があります。

総評:★★★★☆

色々言われてきましたが、個人的には満足です!

インスタ映を狙うにも十分な性能だと思います。

ただ、フォーカスがあまくピントが合わないこともしばしば。

(これは先代iPhone6sPlusでもあった現象)

良い写真を撮影しようと思ったら、2〜3回撮影する感じです。

また夜景等を撮影したい場合は、ファーウェイのMate10ProやP20が良さげです。

スポンサーリンク