BIGLOBEモバイルへ乗り換え!手続き方法と12ヶ月の体験レビュー

2017年9月、SoftBank→BIGLOBEモバイルへ!

SIM替えをした乗り換え記事です。

乗り換えるキッカケ

ここ数年、通信関係の仕事に携わる機会がありました。

そこで注目されていたのが格安SIM。

大手キャリアと同品質で格安利用できるとのこと。

料金プランや手続方法など理解が深まりました。

そんな折に、弟のソフトバンク2年更新時期に。

ほとんど通話をせず、自宅は無線LAN環境があるので、外出中のネット通信のみ。

これは!と思い、SoftBankからDTIへ乗り換えを勧めました。

2015年6月には、1GBの音声通話が最安&キャッシュバックが良かったからです。

メリット:月額料金の安さ

月額8,500円→1,500円

年間:84,000円

2年間:168,000円

な、なんてこった・・・(゚д゚)!

今までこんなにSoftBankへ献上していたのか…

唖然としました。

そして、2017年9月、僕も乗り換える時が来ました。

スマホの利用状況が大きく変わり固定費削減をしたかったからです。

こんなこともあろうかと毎月のデータ通信量を計算していました。

月間データ通信量:5~5.5GB

月額料金とキャッシュバックを加味した結果・・・

BIGLOBEモバイルに!!

キャッシュバック23,000円相当業界No.1。

※2018年7月1日時点でも価格コムでキャッシュバック金額が業界N0.1。

月額105,00円→2,500円

年間:96,000円

2年間:192,000円

いやいや、違約金もあるし!

キャリアだとiPhoneが月月割で安く買える!

という反論を聞くこともありますが…。

96,000円あれば、iPhone8Plus 64GB 買えるし!!

むしろiPhoneXをAppleで購入しても約12万円(税込)。

2年間192,000より遥かに安い。

単純に金額面だけみれば、格安SIMの圧勝です。

デメリット:細かい点がもろもろ

・人件費を抑えるため、基本、電話サポートのみ。

何かあったらショップへ行けばいい!というのは通用しません…。

基本、自力で解決するか、サポート窓口へ電話です。

つながらないこともしばしば…。

・支払い方法:クレジットカードのみ。

なぜなら未払いが起きるとMVNOは大打撃!

上記の理由でデビットカードもNGです。

・キャリアメールが利用できない

@docomo~ @ezweb~ @softbank~のメアドは消滅します。

代わりにフリーアドレス(@gmail)等を利用することになります。

Googleアカウントを作成する必要あり。

お友達がキャリアの携帯だとgmailをPCメールと判断して受信拒否することも。

・かけ放題プランがない

月額650円で3分かけ放題か60分間無料(併用不可)。

※2018年4月から月額850円で10分かけ放題、90分間無料がスタート(併用不可)

BIGLOBEモバイルの通話オプションを賢く使う方法
僕自身、BIGLOBEモバイルを1年ほど利用しています。元々、格安SIMの仕事をしていたので、通話オプションにも詳しくなりました。なぜなら、自分が電話をする時に困るからです(笑)今回はBIGLOBEモバイルの4種類の通話OPの賢い使い方をご紹介します。通話パックとかけ放題をうまく使いこなしましょう!

一般電話を3時間以上かけまくる人には格安SIMむいてません。

LINE通話なら問題なし。

・LINEのID検索ができない

今の端末から乗り換えた場合、ID検索が利用できなくなります。

既に今の端末で年齢確認を済ませ、継続利用する場合は問題なし。

端末自体で年齢確認をおこなっているようです。

▷初心者向けデメリットまとめ

初心者が格安スマホで失敗しない最低限のポイント!
格安スマホ/SIMの現場を1年以上体験。事前に失敗・トラブルを避ける最低限のポイントがあります。該当する人は格安スマホに乗り換えせず、ドコモ/au/ソフトバンクでガッツリ店舗サポートしてもらいましょう。

※一部の格安SIM(MVNO)は店舗有、かけ放題有

僕の場合、すべての条件をクリアーしていました。

しかし、念には念を入れて。

SoftBankに電話、更新月/違約金/端末残債を確認。

自分の端末がBIGLOBE SIMの動作確認済み端末なのか?

ここで調べれます

ちなみにdocomo系SIMなので、docomoのスマホはそのまま利用可能。

申し込み手順

MNP予約番号の取得

SoftBankへ面倒ですが電話します。

ソフトバンク携帯電話から *5533
フリーコール 0800-100-5533(無料)
受付時間 9:00~20:00

引き止め工作がありますが、きっぱり断りましょう。

電話が終わるとしばらくして、MNP予約番号通知がSMSで届きます。

有効期間は15日間ですが、BIGLOBEモバイルは12日以上必要です。

取得して3日以内に申し込み手続きをしましょう。

WEBより申込

価格.com経由が一番キャッシュバックが大きいです。

2018年9月キャンペーン時は…

キャッシュバックは20,000円+3,000Gポイント(3,000円相当)

SoftBankの違約金10,260円(税込)+MNP転出手数料3,240円(税込)をかるくペイできました。

他の格安SIMはあって3,000円、よくても10,000円くらいです。

現在のBIGLOBEモバイル・価格コムキャンペーン一覧

※BIGLOBE電話で入会センターに電話しても価格.comキャンペーンは適用可。

価格.comキャンペーページから申し込みすると、BIGLOBEモバイルのHPへ飛びます。

※これ以降はPC環境での申し込み画面です。

音声通話SIM、MNP、6GB、セキュリティセット・プレミアムを申し込み。

利用していた電話番号とMNP予約番号を入力。

個人情報の取扱に同意して申し込み。

BIGLOBE ID(ユーザID)とパスワードが発行されます。

MNP開通手続きで必要なので必ず控えておきましょう。

後日届く会員登録証にも記載がありますが1週間かかる場合も。

※電話でもMNP開通手続きは可能

本人確認書類のアップロード

このまま本人確認書類をアップロードします。

運転免許証があればカンタン。都内在住の方は健康保険証が無難です。

裏面は変更ないので表面だけでOK。

アップロードすれば申し込み手続きは完了です。

申し込み後の流れ

進捗メール

申し込み当日、登録したメールアドレス宛に申込受付メールが届きました。

翌日、本人確認手続き完了メール。

翌日の夜、機器発送のお知らせメール。

ゆうパックで到着

9月29日(金)の夜に申込→10月1日(日)の夜に到着。

たったの2日でSIMが到着しました!!

機器発送のお知らせメールよりモノが早く届くという(笑)

中にはSIMとサポートガイドの小冊子。

SIMにたいして紙が大きすぎる。

サポートガイドはiPhone/Androidと分かれており詳しい内容でした。

初期設定

サポートガイドを元に設定方法していきます。

電源を切ってAppleのSIMピンを使い入れ替え。

電源を入れ直すと初期設定からスタートします。

※iPhoneは無線LAN環境必須

そのまま手順を進めていくと通常の画面に。

通常、約2日程度でMNP切り替わりますが、WEBで即時切り替え可能。

MNPの切り替えタイミング=SoftBank解約になります。

今の状態ではMNP開通手続きをしてないので圏外のまま。

BIGLOBEマイページにログインして、MNP開通手続きへ。

ログインする際に控えていたユーザーID/PWが必要になります。

モバイル契約状況の【MNP開通】をクリック。

お申込み確定、これで繋がるはず!と思いきや…

圏外

機内モードON→OFFを繰り返しても依然として圏外・・・

SIMロック解除できていなかったのか!?

あまりにテンパりすぎてテクニカルサポートデスクに電話する直前まで行きました。

「あ、電源を切ってみよう」

盲点だった電源をON→OFFすると・・・

繋がりました!!

docomo 4G と表示されています。

BIGLOBEモバイルはdocomo回線を利用しているのでそう表示されます。

最後にAPM設定というものをやって終わりです。

作業手順はサポートガイドにきちんと載っています。

手順通りにやっていけば大丈夫です!

SoftBank iPhoneのSIMロック解除方法

SoftBankのiPhoneを継続利用する場合。

そんな方のためにSIMロック解除方法をまとめました↓

SoftBank iPhoneをWEBでSIMロック解除する方法
SoftBank iPhoneを格安SIMで利用する場合、SIMロック解除が必要になります。電話・ソフトバンクショップだと手数料3,240円(税込)。WEBだと無料!カンタンなので3,240円節約しましょう!WEBでの手続き方法の記載しています。

12ヶ月レビュー

通勤・ランチタイムはモッサリ

ダウンロードが今までより3~4秒おそく感じます。

分かってはいましたが回線速度は低下↓↓↓

特に朝晩の通勤、ランチタイム、人が多いところ。

自宅では無線LAN環境なので問題なし。

月額10,500→2,400円

クレジットカードでSoftBankも支払っていました。

支払が一桁へったのでお得感はかなりあります!!

8,000円で少し遅いくらいなら許容範囲。

ほかは今まで通り

元々、ショップに行かず、コールセンターへ電話もかけず。

iPhone自体は従来と同じ使い方なので問題なし。

端末縛りもないのでAndroidも選択肢のひとつに。

友達紹介で1ヶ月無料♪

実は友人もBIGLOBEモバイルだったので、友達紹介を利用しました。

友達紹介コードを2019年3月末までに入力すると1ヶ月無料!

個人情報はお互いに一切やり取りしないので安心でした。

もし、この記事が役に立ってBIGLOBEモバイルを申し込みする場合

紹介コードを入力してもらえるとお互いハッピーです☆

紹介コード:39717983991

BIGLOBEモバイル申し込み後、こちらから手続きできます。

まとめ

全然分からない人にとっては苦痛の連続だと思います。

SoftBankに電話をして、BIGLOBEに電話をして、初期設定して…。

その苦労を乗り越えれば、年間6~9万の節約になります。

家族も含めれば、単純に2倍、3倍!!

他にもオススメの固定費削減は電力会社を変えることです。

一度変えれば努力無しで、年間1万~2万の節約になります。

地球にもお財布にも優しいlooopでんきに切り替えました!
九電からlooopでんきに乗り換えました。19社から選んだ理由は自然エネルギー26%と再エネ率が高く、基本料0円、違約金なし、工事費・初期手数料無料で地球にもお財布にも優しいからです。実際にこんな感じで安くなりました!

スポンサーリンク