オクラの毛虫を安全に駆除する方法

この時期になるとオクラに毛虫が大量発生…。

次々に葉が食い荒らされて、葉は丸まり哀れな姿に…。

<食害にあったオクラ>

家庭菜園4年目ですが、毎年と言っていいほど頭を悩ませる問題でした。

この問題に終止符を打つべく!!

オクラの毛虫の種類と農薬等つかわず安全に駆除する方法についてまとめました。

オクラにつく毛虫の種類

我が家の家庭菜園を観察すると、大きく分けて2種類の毛虫がいます。

フタトガリコヤガの幼虫とウタノメイガの幼虫です。

両方とも蛾の幼虫になります。

他の家庭菜園にもこの2種類が食害を起こしているようです。

※これから食事中の方には刺激的な画像があるのでご注意ください。

フタトガリコヤガの幼虫

特徴

全体的には緑色ですが背の中央に黄色の1本線があり、その両脇に黒い点があります。

毛=トゲ?に触るとかぶれることもあるらしいので、できるだけ触らないようにしましょう。

発生時期

土の中で蛹になって越冬します。

5月/6月頃8月~10月中旬の年2回発生します。

大量発生しませんが1匹でたくさんの葉を食べます。

ワタノメイガの幼虫(通称:ハマキムシ虫)

特徴

葉を巻いて内側に潜み、内側から葉を食べます。

多発すると葉に多くの穴があいたり、巻かれた葉が枯れて褐色になることも。

歯の中を除くとつぶつぶの糞があるのも特徴です。

発生時期

年3回発生し、8~9月頃に多いです。

ムクゲ・フヨウ・ワタなどアオイ科の植物で発生します。

対策

・防虫ネットをかけて成虫の産卵を防ぐ

・発見したら手袋をして捕殺する(ハマキムシは丸まった葉ごと潰すと簡単です)

・STゼンターリ顆粒水和剤 20g 天然成分 殺虫剤を散布する

まとめ

双方とも発生時期が8~9月頃と重複しています。

この時期は十分にオクラを観察しましょう。

発見次第、捕殺するのが確実です。

収穫量の多い方は、STゼンターリ顆粒水和剤も併用すると効果的です。

STゼンターリ顆粒水和剤 20g 天然成分 殺虫剤

自然界にいる天然微生物(B.t.菌)が作る有効成分で駆除。

有機栽培やオーガニック栽培にも利用できます。

収穫前日まで利用できるもの嬉しい点です。

※STゼンターリ顆粒水和剤:注意事項等(PDF)

水で薄めて散布するので、こういったものがあると便利かもしれません。

オクラの食害にお悩みの方は是非ためしてみてくださいね!!

毛虫もいないのに葉がギザギザになる場合はこの可能性かもしれません。

オクラの葉っぱがギザギザに食べられる2つの原因と対策。
7~8月にかけてオクラは最盛期を迎えます!うちも毎年オクラは作っていて、毎年同じような問題に直面します(笑)今日はオクラの葉っぱが何者かに食べられてしまう2つの原因と対策をご紹介します。

長期間オクラを収穫するために更新剪定を実験的にやってみました!

美味しいオクラを長く収穫する為に更新剪定をやってみました!
7~8月に最盛期を迎えるオクラ。九州の佐賀県では7月からオクラの収穫をしています。最近はオクラ水なのでブームにもなっているようですね!今回は美味しいオクラを長く収穫するための方法として、実験的に剪定をやってみました。

スポンサーリンク